銀座駅より徒歩2分
tel.03-3567-7717

漢方外来

漢方とは

漢方
  • 漢方は6世紀に中国から日本に渡来し、その後日本で独自の発展を遂げた医学であり、江戸時代には一部の西洋医学よりも漢方医学のほうが一般的でした。明治時代になると西洋の文化とともに学問も西洋からの導入が正式となり、西洋医学の学舎のみに医師免許を認定したために東洋医学は一時的に衰退します。しかし、その後も多くの医師や薬剤師たちが漢方医学を発展させ、治療を行っていました。最近は、漢方の良さが再認識されており、生薬を顆粒や丸薬にした薬が保険適応になり大学の医学部や薬学部の講義で漢方が必修科目になりました。

このような方はご相談を

  • 自覚症状があるものの、検査をしても異常が見つからないと言われた
  • 西洋医学的な治療を受けたが、十分な効果が得られなかったと感じている
  • 西洋医学で処方された医薬品の副作用に悩んでいる
  • 夏バテ、身体がだるいなどの症状がある
  • 冷えやのぼせ、肩こり、便秘、下痢などのちょっとした不調に悩んでいる
  • ストレスをため込みやすく、不安やイライラ、不眠などに悩んでいる
  • 立ちくらみ、めまいなどの低血圧症状がある
  • 虚弱体質で疲れやすく、風邪をひきやすい
  • 漢方独自の診断法に興味がある

東洋医学としての漢方外来

西洋医学で診断がつかない、薬が効きにくい、という場合にも、漢方薬を用いることができます。漢方薬は、効果が出るまでに時間がかかる、効き目が弱そうという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、漢方の種類や症状によって即効性や大きな効果がみられます。一方、漢方薬には副作用がないと誤解されている方もいますが、実際には効果と副作用を鑑みながら処方しなくてはなりません。そのため、当診療所の東洋医学に精通した専門医にご相談ください。

患者様の症状に合わせて処方

漢方治療は、誰もがもともと兼ね備えている自然治癒力を高め、いかにして体調を整えるのかを考えながら進めていきます。一人一人の自然治癒力を高めるには、病名をつけるだけではない体質や病気の状態によって最適な薬を選び、使い分けることが必要となります。同じ症状だから同じ漢方薬を使用しても、人によって効いたり効かなかったりします。東洋医学の特徴的な診察によって総合的診断をして、その人に合った漢方薬を処方いたします。また当院では現在は生薬は処方していません。

tel.03-3567-7717
  1. WEB診療予約
  2. 健康診断予約
院長
市丸 みどり
診療内容
内科、肥満外来・生活習慣病、高血圧・生活習慣病、糖尿病・生活習慣病、脂質異常症・生活習慣病、睡眠時無呼吸症候群、健康診断・人間ドック、産業医、漢方外来、血液内科、循環器内科、心療内科
住所
〒104-0061
東京都中央区銀座4丁目5-1 教文館ビル8階
最寄駅
  1. 東京メトロ銀座線/丸ノ内線/日比谷線「銀座駅」
    A13出口 徒歩2分、A9出口 徒歩2分
  2. 都営浅草線/東京メトロ日比谷線「東銀座駅」
    A2出口 徒歩5分
  3. 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」
    8番出口 徒歩5分
土曜・日曜…9:00〜14:00 休診日…木曜・祝日 非常勤医師については、医師によって毎週診療、隔週診療、月一回診療の場合がございます。詳しくはお電話にてお問い合わせください。
診療時間
10:00~13:00
15:00~19:00
PAGE TOP
PAGE TOP
  1. tel.03-3567-7717
  2. WEB診療予約
  3. 健康診断予約